トライ=ファイター

共和国軍スター・ファイターを追跡して抗戦することに適した高火力・高軌道のドロイド戦闘機。

トライ=ファイターのステータス

HP:800(機体800 + シールド0
通常攻撃のDPS:506

スキル1(L1):アフターバーナー

ブースト時間:6秒
リチャージ時間:18秒

少しの時間だけ加速し、敵からのミサイルロックを解除します。
出撃時には必ずアフターバーナーを使い、少しでも早く戦線に参加できるようにしましょう。

スキル2(R1):ヒートシンク

効果継続時間:7秒
リチャージ時間:20秒

一定時間(7秒間)オーバーヒートしなくなり、ずっと撃ち続けられるようになります。
ヒーロー機やYウイング等、硬い相手に対して使用しましょう。

「ヘビーレーザー」と組み合わせて使うと高火力の攻撃を継続して行うことができるので効果的です。

スキル3(L1+R1):ヘビーレーザー

DPS:630
効果継続時間:5秒
リチャージ時間:15秒

通常攻撃のダメージが30%ほど上昇します。
スキル発動後の火力は驚異的で、ヨーダやタリー等の軟らかいヒーロー機であればあっという間に撃墜できます。

あくまでも通常攻撃扱いなので、オーバーヒートするとスキルの効果が継続していても攻撃を行えません。
R1スキルの「ヒートシンク」を同時に併用すると弱点を打ち消すことができます。

トライ=ファイターのアビリティカード

カード名 解放レベル カードの解説・所感
各レアリティの効果
未使用 コモン アンコモン レア エピック
エンジン・アップグレード 2 敵機には当たらないことが多く、目標に対してはロックオンする必要がないため優先度は低い。
エンジンパワー(最高速度・加速力・力)強化
±0% +1.5% +3% +6% +12%
<おすすめ>
エリートパイロット
2 元々高い旋回性能をさらに強化できる。ドッグファイトでほぼ負けなくなり、敵の射程からも逃れやすくなる。
旋回率上昇
+0% +2.5% +5% +10% +20%
オフェンス・アップグレード 2 ファルコン以外の敵は7秒間撃ち続ければ倒せるので、オーバーヒートまでの時間を気にする必要性は薄い。
ヒートシンク発動時間
7秒 7.5秒 8秒 8.5秒 9秒
エンジン放熱システム 5 トライ=ファイターは加速力よりも旋回性を活かして戦う機体なので、アフターバーナーの使用頻度自体高くない。
アフターバーナーのリチャージ時間
18秒 16秒 14秒 12秒 10秒
<おすすめ>
アドバンスト・キャパシター
10 「ヒートシンク」と効果がかぶるため、使いどころが難しい。対ヒーロー機を意識するのであればヒートシンク使用後のオーバーヒート管理も行う必要があるため、選択肢に入る。
メインウェポンの発熱量(オーバーヒートのしやすさ)
+0%(4秒) +5%(4.2秒) +10%(4.4秒) +20%(4.8秒) +40%(5.6秒)
<おすすめ>
ウェポンシステム
15 ヒーロー機を倒しやすくなる。ほぼ必須。
「ヘビーレーザー」ダメージ増加
0% 5% 10% 20% 40%
タクティカル・ジャマー 敵のミサイルが当たることはまずないので不要。
敵が自分をミサイルロックするまでの時間
+0% +50% +100% +150% +200%
チューンド・レーザー 大幅な火力増加ではなく、他に効果的なカードが多いため優先度は低い。
メインウェポンの攻撃力増加 ※()内は与ダメージ実数値
+0% +2%  +4% +7% +10%
<おすすめ>
高速火器管制
「ヒートシンク」と相性がいい。
メインウェポンの連射速度が向上する
±0% +2.5% +5% +10% +20%

トライ=ファイターの運用方法

ライロス:防衛側
他の通常機体(バルチャードロイド・ハイエナ級ボマー)よりも火力と機動力で優れています。
ライロスではずっとトライファイターを使い続ければ、キルもスコアも伸びていきます。
【SWBF2】55 player killstreak(World Record) and 0 deaths with a Tri Fighter【Starfighter Assault】
カミーノ:攻撃側

 

トライ=ファイターへの対策